根強い人気!自家製梅シロップ(梅ジュース)の作り方(レシピ)

今年はお隣さんの土地に実っているたくさんの梅を収穫させてもらいました。さっそく青梅を使って梅シロップを作りました。

ノンアルコール飲料として根強い人気ですよね。

我が家の子どもたちにも大人気です。

 

現在、漬け込み中なので、随時更新していきたいと思います。

材料

・青梅・・・・・1㎏

・氷砂糖・・・・1㎏

・保存瓶・・・・3~4L容量のもの

梅と保存瓶の下処理

保存瓶

『保存瓶の殺菌』は欠かせません。瓶はきれいに洗ったあと、熱湯で殺菌してよく乾かしておきましょう。乾いた瓶は漬ける前に、さらにアルコールか焼酎などをしみ込ませた布巾で、全体をふき上げてから使用するとより完璧だと思います。

梅は、なり口の小枝やかすを竹串で丁寧に取り除きます。そして1時間ほど水につけてザルにあげ、水けをふきとります。

梅のエキスが出やすいように、梅の実を割るか、切れ目を入れます。

作り方

漬け込みは10日、賞味期間は1年

①作り方は簡単!下処理をした青梅を、保存瓶の中で氷砂糖と交互に入れるだけです。

保存瓶は日の当たらない冷暗所においてください。

〇梅シロップを仕込んだ翌日から、シロップがしっかり上がってくるまで、1日に3回ぐらい、瓶を傾け、梅全体に溶けた蜜がまわるように混ぜてくださいね♪

②しっかり梅のエキスが抽出された漬け込み当日より10日後に梅を取り出し容器に入れて冷蔵庫へ。そのまま食べてもおいしいですが、ジャムにするのがいちばんおいしいです。

3日後

10日後

③ホウロウ鍋にシロップをこし入れ、混ぜながら弱火で15分、火を通して殺菌します。

〇殺菌しておくと発酵しないので、アルコール化することもない。

④シロップのあら熱をとり、煮沸消毒した瓶に移し、さめたら冷蔵庫または冷暗所で保存します。

5倍程度にうすめて飲んでくださいね🥰

The following two tabs change content below.

koto

おいしいもの、からだに良いこと大好き。あせらず急がずゆっくりと、自然に身を任せながら日々の暮らしを楽しんでいます。
タイトルとURLをコピーしました