獣医さんの言葉に涙「最高の終の棲家を見つけたね」

8月11日

一昨日、長女と車で帰宅途中、

「あっ!!!フラフラした猫がいる!車止めて!」と言うので、

Uターンして見に行くと、やせ細っていて、フラフラしている猫がいました。

どうしても連れて帰ると長女が言うので、すぐ夫に連絡し許可を取った後、

家に連れて帰りました。

でも水も飲まない、餌も食べない。。。ぐったりもしていました。

急いで動物病院へ

すぐ近くの動物病院に連れて行き診察をしてもらいました。

先生に診てもらうと。

「右目は多分、眼球がないかもね。怪我もしているね。歯も1本しか残っていないね。じいちゃん猫だね。」

「えっ?」←私たち

我が家の子どもたちも子猫だと思っていたので驚きました。

だって拾ってきた猫、体重が2㎏ほどしかないし、1歳のジジと比べるとすっごく小さいから、てっきり子猫だと思ってました。

▼↓こちらが我が家の「ジジ」ちなみに家の中で捨て猫にさせられました。子どもたちに▼

動物病院の先生が、

「おまえはケンカした跡がたっくさんあるし、野良猫で今までずっと頑張って生きてきたんだね。でも本当にラッキーだったな。最高の終の棲家を見つけたね。」

先生のこの言葉に涙がでました😢

 

何歳なのか、いったいどれぐらい生きることができるのか分からないけど、

たっくさん愛情をかけてお世話をしたいと思います。

動物病院では怪我の処置、皮膚病の薬、脱水状態だったので点滴もしてもらいました。

8月13日

拾ってきてすぐ動物病院で処置をしてもらったおかげで、今日はだいぶ元気になりました。

一昨日は、歩くことも厳しかったのに、今日はゆっくりですが少しずつ歩くようになりました。昼間は自分で歩いて良い場所を見つけて日向ぼっこしていました。とっても気持ちよさそうな表情をしていました。

今日は餌も食べて、ウンチも1回しました。

先住猫たちは、まだ威嚇していますが、でも、先住猫たちにも少しずつ変化が見られるようになりました。

↑3歳の「たきち」は威嚇する回数が減りました。でもまだ近くに来た時だけ威嚇します。

名前が決まりました

名前は「リッチ

ちょうど、名前を考えている11日の夜、

クリアアサヒのプライムリッチを飲んでいた夫が「あっ、リッチは!?」と言い決まりました。

richには「金持ちの、裕福な」や「豊かな、豊富な」の意味があるので、リッチと名付けました。

我が家はお金持ちではないけど、豊かな気持ち、豊かに暮らしてほしいと思います。

The following two tabs change content below.
koto

koto

おいしいもの、からだに良いこと大好き。あせらず急がずゆっくりと、自然に身を任せながら日々の暮らしを楽しんでいます。
タイトルとURLをコピーしました