【DIY小屋】パレットで自作、やぎ小屋の作り方②~ブロック基礎を打つ~

 

おやっとさ。よいどんです。

ヤギを飼い始めて1年半。大型の小屋を作ったので、その記録です。

 

以前移動式ヤギ小屋を作りました。

【やぎ日和】やぎが我が家にやってきたから小屋作り
やぎがやってきた2019年6月17日、我が家にやぎがやってきました♪2018年12月22日生まれの女の子です。草を食べてくれています我が家は草が多いので、食べてもらうために飼いました。頑張って草を食べてくれていますが、なかなか1頭では草は減

つくしが妊娠して子ヤギを産むので、何が何でも立ち会いたい!

だから、大型の立派な小屋を作りました。

基礎作り①の続きです。

【DIY小屋】パレットで自作、やぎ小屋の作り方①~水糸を基準に掘る~
おやっとさ。よいどんです。 ヤギを飼い始めて1年半。大型の小屋を作ったので、その記録です。 ...

【自作小屋作り】パレットでやぎ小屋を作る~ブロック基礎作り②~

型枠にコンクリートを流し込む


コンクリートは、セメント:砂:砂利=1:3:3 の割合で練ります。

大量のコンクリートを練るには、コンクリートミキサーが非常に便利。

スコップや木の枝で鉄筋の隙間にしっかり突っ込む。

こてを使って、平らにします。

四隅の柱を立てるすぐ隣に折り曲げた寸切りボルトを差し込み、固定。柱を地面に固定するための工夫です。

綺麗にコンクリートを詰めました。固まるまで、3日ほどそのままにします。

3日後、固まったことを確認してから次の作業開始。

重量ブロックを仮置きしてみます。

後から気づいたのですが、よいどんは重大なミスを犯しました。セメントを混ぜる量が半分にしてしまったのです😢セメントが少ないと強度が弱くなりますので、みなさんも要注意ですよ(笑)

いいのか悪いのか分かりませんが、型枠は外さず埋め込みました。

重量ブロックをカットする場合は、グラインダーを使いました。コンクリート用の刃を使うと簡単に溝が入れられます。

両面切れ目を入れたら、タガネとハンマーでたたくと

簡単に割れました。

ブロックとブロックの間には、空気が入らないようにしっかりコンクリートを突きながら押し込みます。すべての穴にコンクリートを詰めました。

柱が建つところの横は寸切りボルトを適当な長さに切り固定できるようにしました。

柱と重量ブロックを固定するためです。

そして、ブロック基礎完成。完全に固まるように3日以上放置しました。建設当時、雨が多かったので大きなブルーシートをかけておきました。

長ナットで寸切りボルトを延長する

柱を固定するために埋め込んでいたL型に加工した寸切りボルトに長ナットを付けて、寸切りボルトを延長します。

続きはこちら。

【DIY小屋】パレットで自作、やぎ小屋の作り方③~角ノミでホゾ・ほぞ穴加工~
おやっとさ。よいどんです。 ヤギを飼い始めて1年半。大型の小屋を作ったので、その記録です。 ...
The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。
タイトルとURLをコピーしました