【除角】子ヤギのなっちゃん角をとったよ

少し話はさかのぼりますが、

2020年7月15日、鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院の牛・山羊診療科で、なっちゃんの角をとってもらいました。

鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院

住所:鹿児島市郡元一丁目21-24

電話:099-285-8750

FAX:099-285-8751

HP:鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院はこちらをクリック

牛・山羊診療科

診療依頼連絡先 : 099-285-8750
電話受付時間 :月〜金曜日 8:30〜17:00

なっちゃんが生まれる前に1度、電話で問い合わせました。受診目安など、とても丁寧に教えていただけました。

なっちゃんいよいよ除角

なっちゃんのお母さん、つくしには角があります。

ときどき頭突きをしてくるのですが、これがかなり痛い💦

家庭などで飼育管理するときは、安全のためにも除角したほうが良いような気がします。

除角はできるだけ、小さい頃にした方が負担がかからないようです。私たちが除角のことを知ったときには、つくしは遅かったです。できないことはないのでしょうが、やはり負担が大きいようです。

 

なので、生まれてくるヤギには早めに除角をしようと決めていました。

いざ病院へ

今回、犬猫のゲージに入れて病院に行きました。

受付を終えて、担当の先生に案内されて大動物診療室へ。大動物って言うだけあって、とっても広かったです。

たぶん、何か動物の臭いがしたのかもしれませんね、なっちゃん、少しソワソワしている様子でした。

 

 

まずは麻酔。

そして、なっちゃんの両脚を交差させてひもで結びました。

角のまわりをバリカンで毛を剃ります。

なっちゃんは、受診したときの体重が5㎏ほど。

小さいのでデホーナーや電気ゴテを使わず、電気メスでの除角でした。

角の周りに化膿止めのクリームを塗りました。

ひもをはずし、目を覚ます注射?をうつと、なっちゃん、すぐ目を覚ましましたが、ボーっとしていました。

また、ゲージに入れて、お薬をもらい、治療代を支払って帰りました。

帰るときも、まだボーっとしている様子で、ウトウトとしていました。

費用は

初診料、手術料そしてお薬すべて含めて3,890円でした。(個体差によっても値段は変わるようです。)

1日の動き

6時30分頃から、おっぱいを飲ませないようゲージに入れる。

8時30分頃、病院に到着。

10時頃、すべて終わり会計を終える。

11時頃、帰宅。しばらくゲージの中で様子を見る。

15時頃、母ヤギのところへ戻しました。

まとめ

担当の先生は、なんでも教えてくれて、受診した次の日もわざわざ電話をくださったりと、

本当に動物が好きなんだなというのが伝わってきました。

なっちゃんが生まれる前、電話で問い合わせたときも、本当に詳しく丁寧に教えていただきました。

 

「一体、何をされるのだろう・・・」ときっと不安だったなっちゃんは、

帰宅後、母ヤギのつくしと再会したときはホッとした様子でした♪

The following two tabs change content below.
koto

koto

おいしいもの、からだに良いこと大好き。あせらず急がずゆっくりと、自然に身を任せながら日々の暮らしを楽しんでいます。
タイトルとURLをコピーしました