【DIY】調味料ボックス・コンテナボックスの工夫

こんにちは。よいどんです。

キャンプを始めると、どんどん道具が増えていきます。

テント、タープ、ハンマー、ペグ、寝袋(シュラフ)、椅子、ランタン

鍋、バーナー、食器、調味料。。。etc.

他のキャンパーの持ち物を見ると、欲しくなるんです。

大きいものから、小さいものまで。

大きいものは、車にきれいに整理して詰め込みますが、小さいものは大きなコンテナボックスに入れています。

しかし、大きなコンテナに調味料・包丁・コップ・ガスボンベなどたくさん細々したものを詰め込むと何が入っているのか分からなくなってしまっていました。

 

そこで、いいこと思いつきました。

①調味料など料理に使うものを分ける。

キャンプ用に調味料を用意していましたが、年十数回しか行かないのでなかなか使い終わらず、新鮮さもなくなります。だから、キャンプだけでなく家でも使えるようにしたい。

②仕切りをつける。

何が入っているか、分かるようにしたい。

作り方

用意するもの:ボックス、プラダン(段ボールでも可)、はさみ、カッター

調味料など入れるボックスです。100均で324円でした。

仕切りを作ります。今回はプラダンを使いました。(段ボールなどでも可)

大体で構いませんので、はさみやカッターで切ります。

ボックスより少し低い高さで切ります。

プラダンに差し込むための切れ目を半分まで入れます。

差し込む反対側にも切れ目を入れて、交差するようにはめ込みます。

今回は全部で6区分になるようにしました。

仕切りをボックスにはめ込みます。サイズが大きい場合は、プラダンをカットしてください。

透明のボックスなので中身が見えてGoodです。

大きなコンテナボックスにも仕切りを作ってみました。

透明でないコンテナボックスには、養生テープなどで仕切った箇所に

『食器・コップ・包丁など』

と名前をつけると 取り出し・収納に便利だと思います。

 

ぜひ作ってみてください。

The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。
(最終更新:2017年6月25日)コメント0
CATEGORY :

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


おすすめ記事



こちらの記事も人気