【DIY失敗】コンパクトに分解収納できる、ウッドガスストーブは作れないのか?

こんにちは♪

先日、自作ネイチャーストーブはウッドガスストーブよりコンパクトで扱いやすいとお話ししました。(個人的な見解ですが。。。)

ウッドガスストーブよりネイチャーストーブの方が簡単に火がついて、いいなぁと思っていたのですが、やっぱりウッドガスストーブのウッドガスの2次燃焼も捨てがたい!

だったら、ネイチャーストーブのようにコンパクトに分解できるウッドガスストーブはできないのか?

いろいろ調べてみたのですが、分解できるウッドガスストーブはない。。。

ウッドガスストーブは、丸い2層式の形状しかないようなのです。

そこで、前回作ったネイチャーストーブを改良することを思いついたのです!

 

【DIY】自作ネイチャーストーブにウッドガス(2次燃焼ガス)を使えるようになるか??

四角のウッドガスストーブ。それも分解、コンパクトに収納できる。

 

自作ネイチャーストーブを改良しました。

底板の改良

元々の底板です。

これに切り込み(差し込み用)を入れます。

底板に切り込みを4か所入れました。

 

内層側板を作成する

内層側板を4枚作ります。

 

上部を90度に折り返します。

 

そして、ウッドガス(2次燃焼ガス)の出る穴を開けます。

 

底板支えバーの改良

元々の底板支えバーです。

開口のある側板です。

底板の切り込みに内層側板を差し込むので、底板支えバーが邪魔です。

下からの空気も取り込みにくいので、改良しました。

側板を1つ作りなおしました。

下に2か所4㎜の穴を2個開け、ネジを差し込み底板を支えます。

 

完成

内層側板と外層側板の間に隙間をつくり、うまくいけばそこにウッドガス(2次燃焼ガス)が通る。

組み立てにコツがいります。

 

果たして、うまくウッドガス(2次燃焼ガス)は出るのか?

燃焼実験をしました。

結果は・・・

 

ウッドガス(2次燃焼ガス)は出ません。

原因として考えられるのは、以下の点。

  1. 内層側板と外層側板に隙間が多かった。
  2. 下からの空気の取り込みが少なかった。
  3. 内層・外層側板を通過する空気の通り道がちゃんとなかった。

 

あー、残念でした。

結構、時間と頭使って作ったんだけどなぁ。

また次のアイデアが浮かんだら、改良したいと思います。

失敗報告でした( 一一)

 

 

 

The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。

スポンサーリンク

(最終更新:2017年6月25日)コメント0
CATEGORY :

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


こちらの記事も人気

広告