【キャンプ場】花房峡憩いの森キャンプ場 ~鹿児島県曽於市末吉町~

こんにちは♪

 

今回は、鹿児島県(末吉町)と宮崎県(都城市)の県境にある 花房峡憩いの森キャンプ場の紹介です。ちなみに、〈はなふさきょういこいのもり〉と読みます。

 

【花房峡憩いの森キャンプ場】~鹿児島県曽於市末吉町~

花房峡(はなふさきょう)は末吉町の南東に位置し、南之郷の高岡口から新田山、花房地区に至る安楽川渓谷とその渓谷林並びに大八重国有林115班を包含しています。 ここには豊かな自然が残っており、四季を通じて山菜、薬草などが豊富にあります。 この付近は極めて風光明媚で、特に安楽川両岸の渓谷林は照葉樹の原生林で、シダ、コケ類が数多く自生し、学術的にもたいへん貴重なものとされています。

(引用元:そおナビ

自然の奥深くにあるキャンプ場って感じです。

私が行った時は、鹿児島ローカルラジオMBCがキャンプ場全体にスピーカーで流れていました!(^^)!

 

所在地

住所:〒899-8608 鹿児島県曽於市末吉町南之郷11391-1

電話:0986-78-1100

HP:http://soo-ikoinomori.jp/

期間

バンガロー(5~10月)IN 16:00  OUT 10:00

貸テント(5~9月)IN 16:00  OUT 10:00

持ち込みテント(通年?)IN OUT に時間制約なし。

 

料金

バンガロー(シャワー付) 1泊1棟 4,110円 休憩1棟 1,850円
バンガロー(シャワーなし) 1泊1棟 3,180円 休憩1棟 1,330円
ミニバンガロー 1泊1棟 2,060円 休憩1棟 820円
常設テント(ケビン式) 1泊1張 2,060円 休憩1張 820円
常設テント(三角) 1泊1張 1,540円 休憩1張 620円
持込テント 1泊1張 820円

 

ペット同伴

条件付きでペット可(ほじょ犬の同行は条件付きで可)

詳しくは、電話(0986-78-1100)でご確認ください。

 

キャンプ場の様子

この案内板から2.7㎞。結構まだ距離があります。

 

全体マップ

 

(引用元:花房峡憩いの森キャンプ場

遊歩道のマップ

広域のマップです。

 

管理棟

管理棟に共同シャワー・トイレ・水道があります。

 

貸テント(常設テント?)

ケビン式テント(8張)、三角テント(11張)あります。

 

バンガロー(6~10人用)

バンガロー(トイレ・シャワー・キッチン付)9棟、

バンガロー(トイレ・キッチン付)4棟があります。

ミニバンガロー(4~6人用)もあります。

 

炊事棟

Image00054

バンガロー・貸テントの近くにあります。

 

キャンプファイヤースペース

教育キャンプなどで使います。

 

オートキャンプ(持ち込みテント)

売店・食堂の前の広場です。

利用者が少ない場合は、車を横付け出来きるそうです。

 

売店・食堂

Image00063

 

その他

遊具

yuugu001-6871

 

水あそび場

mizuasobiba004

 

ゴーカート(260円/人)

gokato004

 

他にもパターゴルフなどもあります。

 

近くのお店

ありません。必ず、買い物してからキャンプ場に向かいましょう!

 

近くのおすすめ

安楽川渓谷

まるで神話のような景色 安楽川渓谷

花房峡憩いの森、森に囲まれた遊歩道を進むと、水の音が聞こえてくる。
木々の間から見えるのは、地元では有名な癒しの清流「安楽川」だ。
さらに進むと、ひらけた場所に滝が見える。振り返ると、太陽の光が差し込みなんとも美しい光景が。
遊歩道をのんびり歩いて森林浴で自然を満喫して、きっと心も体もリフレッシュできる。

(引用元:曽於市HP

 

フィトンチッド効果で癒されよう!

フィトンチッド (phytoncide) とは、 微生物の活動を抑制する作用をもつ、樹木などが発散する化学物質。植物が傷つけられた際に放出し、殺菌力を持つ揮発性物質のことを指す。 森林浴はこれに接して健康を維持する方法だが、健康だけでなく癒しや安らぎを 与える効果がある。

(引用元:wikipedia)

マイナスイオンをたくさん浴びて、リフレッシュできることでしょう。

ぜひ、花房峡憩いの森キャンプ場にいってみてください。

 

The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。

スポンサーリンク

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA