【自作ネイチャーストーブ】ウッドガスストーブより使いやすい?!コンパクトネイチャーストーブの焚火

こんにちは♪

焚火大好きよいどんです。

先日、自作ネイチャーストーブを作ってからついに 【火入れ式】をおこないました。

作り方は、こちら。

その模様を報告したいと思います。

【扱いやすい】ウッドガスストーブより扱いやすい!自作ネイチャーストーブ

住吉池キャンプ場に落ちていた、杉の葉?、小枝を使って燃やしてみました。

 

ライターで火をつけると白い煙が立ち上ります。

Image00118Image00119Image00120 Image00121 Image00122 Image00123 Image00124 Image00125 Image00126

 

 

良く燃えます!

ケトルでお湯を沸かす

試しにケトルでお湯を沸かしてみます。

五徳もしっかりしており、ケトルも安定しています。

鍋も大丈夫でしょう。

700mLの水を沸かしてみます。

外気温 約18℃?(適当です)700mL

時間は、約8分半。

グラグラしっかり沸きました。

これで、カップラーメンは確保されました(笑)。

コーヒー・紅茶、焼酎のお湯割りも大丈夫ですね。

 

薪・小枝の投入

大きく空いた投入口から、かんたんに薪・小枝の追加が出来ます。

 

注意点

耐熱グローブを使うとストーブの縁をもって動かすことも出来ます。

長時間持っているともちろんやけどします。

自己責任で移動させてください。

また、ウッドストーブ・ネイチャーストーブもですが

焚火台(ストーブ)の底面もかなり高温になります。

芝生の上などでやると、真っ黒焦げに燃えます。

注意してください。

 

燃え尽きた後の灰

燃やし方が悪かったのか、炭・灰が残りました。

 

ネイチャーストーブの利点

個人的な意見ですが、ウッドガスストーブより ネイチャーストーブの方が使いやすい気がします。

なぜかと言うと

利点

  1. コンパクトに収納できる。
  2. 薪・小枝の追加が容易。
  3. 大きい。

不利点

  1. 灰が完全に燃えきらない。
  2. 煙が多い。

 

今度は、コンパクトに収納できるウッドガスストーブが作れないかな?と思案中です。

 

ウッドガスストーブの作り方はこちら。

参考にどうぞ。

 

The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。

スポンサーリンク

(最終更新:2017年6月25日)コメント0
CATEGORY :

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


こちらの記事も人気

広告