簡単レイズドベッドをDIY!初めての家庭菜園

庭のある家を購入したらぜひやってみたいと思っていた「家庭菜園」

今まではプランターで少し野菜を育てるぐらいでした。

ここの家に引っ越しをしてきてもうすぐ1年たちます。

だいぶ、ここの生活にもなれ落ち着いてきたので、家庭菜園を初めてみようかなと思います。

しかし本当に野菜作りは初心者(;’∀’)

いろいろ調べながらやっていこうと思います。

我が家の庭

畑をやりたいと思っている場所は少し水はけの悪いところです。

粘土質で固い土なので、掘り返して土を入れ替えたりするのも大変だと思いました。

ネットで調べていると、やはり粘土質の土は、何度も何度も耕しても固いらしい・・・
かきがら石灰貝化石の石灰を使ったら土が柔らかくなるらしいのですが、
日数もかかるし「ん~大変そう」と思い、諦めかけていたところ、
「レイズベッド」というものを知りました。
これなら初心者も手軽にはじめることが出来ると思い、さっそく作ってみました。

レイズベッドとは

(出典元:https://www.pinterest.com/pin/311311392975673679/)

日当たりが悪い、庭土の水はけが悪い、作業で腰を痛めるなどなど、特に庭土の問題でかなり有効な解決策として注目されるのが、こちらのレイズドベッド。日本語に訳するならば「盛り上げ床」か「上げ花壇」でしょうか。地面下に水はけの悪い土があった場合、すぐに根腐れしてしまいますが、レイズドベッドならばその心配はありません。

レイズドベッドは植栽するスペースが地面よりも高いので、水はけの向上、風通しの向上、作業性の向上といったメリットがあります。

【DIY】我が家のレイズドベッド

レンガだったり、市販のレイズドベッドもありますが、
家庭菜園は初めてなので、失敗してもショックの少ないやり方を選びました。
家にあった木材に油性の防腐材を塗って作ってみました。
しかしネットで調べていると、防腐剤処理をしても3年くらいで作り変える方が多いようです。
木はどうしても朽ちるので、長年使用できないのが難点です。
トタンの波板など組み合わせればもう少し耐久性が上がるかもしれませんね。

 

ひとまず、ハーブ類を植えてみました♪

定期的に我が家のレイズドベッドはどうなっているのか報告していきますね。

 

The following two tabs change content below.
koto

koto

おいしいもの、からだに良いこと大好き。あせらず急がずゆっくりと、自然に身を任せながら日々の暮らしを楽しんでいます。