我が家の庭にも春がやってきた!土筆(つくし)の栄養と下処理方法

朝晩はまだ少し寒いですが、昼間は暖かくなりました。

いやいや、昼間は暑いぐらいですね。子どもたちは昼間は半そでで過ごしています。

子どもたちは新型コロナウイルス感染症対策のために、3月3日から休校になりましたが、毎日、勉強をしたり、ゲームをしたり。

どーでもいいことでケンカもしていますが💦

毎日家で過ごしますし、しかもどこかに遊びに行くこともできないので、

子どもたちもストレスが溜まっているようですが、

感染を爆発的に流行させないためにも今が頑張り時ですね、仕方ないです。

中学生になった長女も部活や試合がないため、家族みんなでゆっくりと過ごすことができています。

春がやってきた、ヤギや猫たちも日向ぼっこ

庭の花木

我が家の庭にも春がやってきました!少し前に咲いた梅の花。きれいでしたー♪

ハクモクレンも咲いていたのですが、写真撮り忘れです( ;∀;)

 

今はちょうど、さくらんぼの花がきれいに咲いています。

我が家のヤギ&猫

昼間はぽかぽかと暖かいので、ヤギや猫たちも日向ぼっこしてくつろいでいます。

今年もつくしが地面から顔を出してきました。

(去年のかわいい土筆たちはこちら↓↓↓)

私はつくしを見ると、「あっ、春だ!春が来た♪」と思います。

つくし・スギナとは

つくし

全国に自生しているスギナの胞子茎の事で、草原や田畑の畦などに多くみられます。

春にツクシが出て、その後スギナが次々に芽を出してきます。

スギナ

↑これがスギナです。スギナは秋ぐらいまで茂っているので、スギナが生えている場所を覚えておけば、春、この場所からつくしが顔を出しますよ♪

つくしとスギナは同じ植物です!

つくしの特徴

ツクシは一本の茎のてっぺんに胞子を含んだ穂が付いています。そこから根元までにはいくつかの節があり、その節の周りにハカマ(袴)と呼ばれる茶色い葉が付いています。茎の長さはまちまちで、5cm程の物から長い物だと15cmほどにもなります。

 穂先は出始めは固く締っていますが、成長すると松毬のに広がり、緑色で粉末状の胞子を散らします。(旬の食材百科より)

 

つくしの収穫時期

全国で自生しているつくしは、3月頃から九州地方で見かけるようになり、4月に本州、更に5月初旬になると東北など北の地方で見かけます。

つくしの栄養(旬の食材百科より)

アルカロイドを多く含むので、大量摂取は避けたほうがよいとされています。とはいえ、アク抜きした状態で、通常の惣菜として食べる程度なら問題ないでしょう。

ビタミンCやカロテンを含んでいます。

 意外かも知れませんが、ツクシにはカロテンが沢山含まれています。この100gあたり1200μgという量はブロッコリーや芽キャベツ、オクラなどよりも多いんですよ。

ビタミンEは野菜ではトップクラス

 ツクシにはカロテンだけではなく、同じように抗酸化作用が強いビタミンEも多く含まれ、野菜の中ではトップクラスの含有量となっています。

つくしの収穫方法

つくしは頭の部分がしっかりと締っていて、まだ胞子を散らしていないものを選びましょう。

↑上の写真のようなつくしを収穫してくださいね。

下の写真のようなつくしは選ばないようにしましょう。

つくしの下処理

つくしの葉に当たる袴を取り除きます。

茹でても繊維質で固く食べられません。この袴を取り除く作業がとても面倒です。

爪でこの袴を取り除きますが、灰汁が爪の間に詰まり、なかなか取れないのが厄介です。

つくしは灰汁が強いので、10~15秒程度、茹でて冷水に放ち冷まします。

これで下処理は完了です。

 

写真を撮り忘れたのですが、醤油、みりん、酒、砂糖で我が家は佃煮を作りました。

 

袴取りは面倒ですが、子どもたちと一緒にすると楽しいですよ(#^.^#)

 

The following two tabs change content below.
koto

koto

おいしいもの、からだに良いこと大好き。あせらず急がずゆっくりと、自然に身を任せながら日々の暮らしを楽しんでいます。
タイトルとURLをコピーしました