意外と知らないお正月にやってはいけない3つのこと

 

あまり知られていませんが、実はお正月三が日にしてはいけないこと、

縁起が良くないことがあります。

お正月に絶対してはいけない3つのタブーを今日はご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

正月三が日とは?

正月の元日から三日まで。新年を祝賀する期間で、事実上の祝日となっている。三が日、または松の内(松七日)を、一般的に正月という。

(出典元:実用日本語表現辞典)

1月1日から1月3日までを三が日といいます。

旧年が無事に終わったことと新年を祝う行事で、

1日(元旦)は、家族でお屠蘇やお雑煮、おせち料理でお祝いをします。

三が日の間には初詣や書初め、お年玉を贈るなどお正月の行事が執り行われます。

koto
koto

大晦日まで大掃除や買い物など慌ただしいですが、一夜明けただけで、新鮮な気持ちになりますよね。

 

ねこ
ねこ

実は新年を祝う正月三が日にやってはいけないことがあるんだよ。

正月三が日にやってはいけないこととは?

新年を祝う三が日に実はしてはいけないことがあります。

本来は、一年の最初の月のこと、歳神様(としがみさま)をお迎えする行事のことで、1月の別名でもあります。

「歳神様」は、家々に1年の実りと幸せをもたらすために降りてくると考えられている、新年の神様のことです。

お正月=「歳神様」をお迎えする行事ということですね。

1年の初めにやってくる歳神様は、作物を豊かにする&家族が元気でいられるようにしてくれるようです。

 

さて、どのようなことを三が日にしてはいけないのでしょうか?

①掃除や水仕事をしてはいけない

私していました。掃除機かけたり(;’∀’)

ダメらしいです・・・💦

お正月は歳神様が福を持って家を訪ねてくれます。

なので掃除をして払いのけるのはダメです。

他に、キッチン、バス、トイレの掃除、そして洗濯も神様を水で洗い流すことになるので、縁起が悪いのです。

知りませんでした(;’∀’)

しかし、それでは生活があるので、特に洗濯など完全にストップすることはできませんよね。

普段よりもゆっくりと家事を行って新年を味わうことがおすすめです。

②火や刃物を使ってはいけない

火を使ってはいけない理由は、かまどの神様を怒らせないため、他に煮焚きすると必ず灰汁(あく)が出ますが、この「灰汁(あく)を出す」が「悪く(あく)を出す」の意味につながっています。平安後期からの風習として、火の神“荒神”を怒らせないために正月に火を使わないのだそうです。

 

刃物を使ってはいけない理由は、包丁で切ることは、縁を切ることにつながってしまう、

お正月の三が日に、作り置きしておいたおせち料理を食べるのはこういったことが理由にあるからという説もあるようです。

 

掃除同様、なかなか難しいですよね。

元旦の朝に、お雑煮作るし・・・

なので、こちらも掃除と同様、無理のない範囲でするのがいいのではないでしょうか。

③お金を使いすぎてはいけない

年の初めにお金を使いすぎると、その1年はお金が貯まらないなどの説があります。

でも三が日って、新春初売り、福袋など、ついついお金を使ってしまいますよね。

「今日は特別♪」って言いながら(笑)気をつけます!!!

 

しかし神様に手向ける初詣でのお賽銭は大丈夫のようです。

まとめ

三が日にしてはいけないことは毎日忙しい主婦の仕事を休ませるためのものが多いように思います。

年末に大掃除をするのも、おせち料理をつくるのも、そのおせち料理を食べるときに使い捨ての寿箸を使うのも、すべてはお正月に家事をしなくて済むようにですね。

日ごろ、家事を頑張っている人への労る三が日ですね!(^^)!

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
koto

koto

おいしいもの、からだに良いこと大好き。あせらず急がずゆっくりと、自然に身を任せながら日々の暮らしを楽しんでいます。