恐怖のロタウイルス。子ども3人感染。次女は入院。看病していた私が気をつけたこと。

5120168688_c5f06198d6_z

久しぶりの更新です💦

先日の日曜日は認定試験も無事に終わり・・・

あー!!!合格して欲しい(>_<)

また1年間、勉強したくないもん!

どうか受かりますように!!(^^)!

でも今は合否関係なく、ひとまず試験が終わったことが嬉しいです。

この試験前の2週間はドタバタでした~勉強どころではありません。

ブログのタイトル通り、子どもたちが「ロタウイルス」に感染して大変で子どもたちも本当に辛そうでした。

ロタウイルスとは

ロタウイルスによる感染症で、乳幼児の代表的な冬期下痢症として、主に1~4月に発症します。ほとんどの子どもが感染し、保育所・幼稚園・学校などで集団発生することもありますが、多くは感染経路が明らかではありません。

突然、嘔吐あるいは下痢から始まります。便が白色になることがあります。通常1週間以内で下痢は軽快します。発熱、呼吸器症状を伴うこともあり、下痢の回数が多いと脱水症状が現れ、治療が必要です。

まれですが、けいれん、脳症、腸重積(腸管の一部が腸管腔内に入り込む)を伴うことがあります。

乳幼児で1~4月の下痢症の場合には、ロタウイルスによる下痢症を考えます。11~1月ではノロウイルス感染症が多くみられます。学童・成人では、ウイルス以外に細菌性のことも考えておきます。

 イムノクロマト法を利用した迅速診断検査薬で、10~20分以内に診断ができます。また、酵素抗体法を用いることもあります。

 ロタウイルスにはA、B、C群があります。A群以外は頻度は少ないものの、一般の検査試薬では検出できません。

 脱水の状態は、排尿があれば尿中のアセトン体の有無および量で推定しますが、血液中の電解質を調べることがあります。

引用元:Yahoo!ヘルスケアより

 

子どもたちがロタウイルス感染

【次女】

2月9日 次女の学校から電話。早退して病院へ。インフルエンザの疑い。腹痛(へそお周り)、下痢の症状、食欲不振。

10日 24時間たったのでインフルエンザの検査を受けるが陰性。検査後、元気なので登校。

12日 元気なので登校後、症状が治まらないので総合病院へ。診断結果、嘔吐下痢ということで薬を処方される。

13日 嘔吐もでてきて、症状が改善されず悪化していっているため再び受診。尿検査、血液検査、インフルエンザ検査。

検査結果を待っている間、2本点滴を受ける。

最初の診断結果は、ケトン体3+、血糖も低いので「アセトン血性嘔吐症」。

しかし急激に腹痛が悪化。歩行困難。急きょ、ロタウイルス検査、エコー検査、CTで調べる。

診断結果はロタウイルス、ケトン性低血糖症でした。

そのまま入院。

14日 一晩中、点滴をしてもらうとあっという間に回復。食事も食べれるようになったため退院。

22日 元気になって小学校に登校して行きました。

【長男】

2月14日 夜から嘔吐と腹痛あり。

15日 病院を受診。

診断結果は「ロタウイルス」。点滴をしてもらう。

16日 病院を受診して点滴をしてもらう。

22日 幼稚園に登園。

【長女】

2月17日 学校から「嘔吐して体調悪そうなのでお迎えにきてください」と連絡があり早退して病院へ。

症状は腹痛、嘔吐。

1時間のうちに、10回ほど嘔吐。

診断結果はロタウイルス。点滴をしてもらう。

帰宅後も嘔吐が続く。

18日 嘔吐はなくなるが腹痛は続く。

23日 学校に登校。

 

※我が家は3人とも熱は37度台前半でした。高熱が出ることはなかったですね。

下痢の色が白っぽいのが特徴でした。

子どもたちを看病して思ったこと

嘔吐下痢症に子どもたちはかかったことありますが、

それと比べると本当にロタウイルスは症状が重くなるんだなと思いました。

感染性胃腸炎は2日もあれば、うちの子どもたちは普通に食事もとれて元気になりますが今回は違いましたね。

4~5日間は体が辛いらしく布団で寝ている状況。

この1週間は、おかゆや雑炊、ゼリーなどを食べると、お腹が痛くなる状態でした。

看病していたけど感染しなかった私がしていたこと、気をつけていたこと

大人でも免疫力が落ちていると、小児と同様に、嘔吐、下痢、発熱という症状がでることもあるようです。

・なにはともあれ「病は気から」といわれるので「私はうつらない」とまず気合を入れる(笑)←これ絶対に大事!

日中も就寝中もマスクをしていました。

・子どものお世話、着替えなどの手伝い後、かならず手洗い。

・子どもたちが使用した食器などは30分以上、塩素系漂白剤に浸ける

洗濯も別にする。

・洗面器等に袋をかぶせ、そこに嘔吐してもらい嘔吐後はすぐ袋を結び捨てる

・定期的に部屋の換気

・1日1本、ヤクルトまたはR-1ドリンクタイプを飲む。

私は試験前ということもあり、かなり神経質になっていました💦

しかし隣で夜、寝ていていたので心配でしたが無事、私はうつることなく看病することが出来ました。

本当に毎朝、目が覚めた時、「あっ私、元気だ。」とずっと思っていました~

本当に、母親まで寝込んでしまうと家の中、大変なことになりますよね。

治療法がない!予防が大事

基本的に治療法がないようです。

下痢に対しては整腸薬を服用し、また、その間は脱水にならないように水分を多めに補給が大事なようです。

嘔吐で飲み物が飲めない場合は、点滴治療が必要となるので、下痢と嘔吐が同時に起こった場合は早めに受診する

必要があります。

 

現在はロタウイルスワクチンもありますが結構、費用が高いらしいです。

しかしワクチンで重症になるのを約90%防ぐことができるようです。

 

あと、やはり基本的な生活習慣が大事ですね。

非常に感染力の強いロタウイルス。

またかからないようにしっかりと予防をしていきたいものです。

あっ!!

まだまだインフルエンザも流行中。

こちらも気をつけないといけませんね(+o+)

 

The following two tabs change content below.
koto

koto

おいしいもの、からだに良いこと大好き。あせらず急がずゆっくりと、自然に身を任せながら日々の暮らしを楽しんでいます。

スポンサーリンク

(最終更新:2017年6月25日)
CATEGORY :

こちらの記事も人気

広告