子どもたちのおやつにホクホク安納芋の焼き芋

たまらなくこの季節が好きです(#^.^#)

秋、夏、春、冬の順番で好きです~

秋はとにかく食べ物がおいしく感じる季節。

さつまいも、柿、栗、さんま、鮭、おいしい新米。

そしてこの季節はさわやかな秋晴れできんもくせいの香りもいいですよね♪

 

さてさて、

今日はスーパーで安納芋が売っていたので買いました。

さっそくふかして今日の子どもたちのおやつにしました♪

本当は少し寝かせた方が甘さが増すけど、待てません(笑)

寝かせてないけど、甘くておいしかったですよ~(*^▽^*)

もっと安納芋のねっとり感と甘さを引き出すには、掘り出してからしばらく寝かせたほうが良いです。

寝かせている間に熟成が進み、でんぷんが糖に変わっていくんですよね~

さつまいもの保存方法

芋を掘り出したらまず陰干しをして、芋を乾かします。

乾かした芋は、1本ずつ新聞紙で「そっと」くるみます。

これは、保存中に芋同士が擦れないようにするためです。

新聞紙にくるんだ芋をダンボール箱に入れて保管します。

もし農家で米を出荷する際に入れる米袋がある場合は、ダンボールの代わりに米袋を使った方がいいです。

芋は呼吸をしますので、空気が通るようにしてあげる必要があります。

米袋は空気の通りが良いのでおススメです。

13~16度で1ヶ月程度寝かせます。

サツマイモ類は温度変化や低温に弱いので、なるべく寒暖の変化の無い
暖かめの場所で保存します。

by カエレバ

 

にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ


The following two tabs change content below.
koto

koto

おいしいもの、からだに良いこと大好き。あせらず急がずゆっくりと、自然に身を任せながら日々の暮らしを楽しんでいます。

スポンサーリンク

コメント0
CATEGORY :

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA