【キャンプご飯】失敗しない簡単なご飯の炊き方。クッカー・鍋でおいしいご飯を炊こう!

ご飯は日本人の主食です。

キャンプに行っても、温かいご飯が食べたい!と思うことでしょう。AC電源付きのサイトならいつも通り炊飯器で炊けば良いでしょうが、AC電源がないサイトもたくさんあります。炊飯器をもっていかなくてもご飯が食べれるといいですよね。

そこで、鍋・クッカーでご飯を炊けるようになっておきましょう。

キャンプでも失敗しないご飯の炊き方

今回は、4合炊けるクッカーで炊きます。

①お米を研ぐ

まず、お米を研ぎます。ボールに入れて、お米が割れないようにやさしく研ぎます。すすぎをしっかりすると美味しいご飯になります。研ぎ終わったら鍋にお米を入れます。

このクッカーには、目盛りがついています。

② お米と同量の水を入れる。

0.5Lになったので、水も0.5Lの目盛りまで入れます。

目盛りがない場合も大丈夫です。指で米の上面の高さを確認し、それと同量になるように水を入れます。

水が多すぎるとべちゃべちゃになります。指でやる場合は、気持ち少な目がいいでしょう。

③ よく浸す。水を入れたら、しばらく待つ。

水を入れたら、しばらく待ちます。夏場なら15分程度、冬場なら30分~40分程度。これを省くとお米の芯が残ってしまします。

④ 蓋を開けたまま、強火。

強火でガンガン、炊きます。蓋はしません。しばらくすると、ブクブクっと沸騰してきます。

ブクブクっと沸騰したら、しゃもじでかき混ぜます。かき混ぜることで、お米に均一の熱が伝わります。特に今回使っているバーナーは、鍋の真ん中に火が集中しているのでよくかき混ぜます。

かき混ぜると水がほとんど蒸発し、表面に薄っすら水が残るくらいまで強火です。下の写真はあと少し。

⑤蓋をして弱火。10~12分くらいそのまま。

お米上 少しに水がなったら、蓋をして10~12分弱火です。

⑥ 10分くらい待ったら、完成!炊き上がったら、しゃもじで下からかき混ぜる。

炊き上がったら、しゃもじでかき混ぜます。そうすることで、お米の間に留まっていた水分が抜け、べちゃべちゃになりにくくなります。

失敗しないお米の炊き方のポイント

失敗しないポイントは、

1.研いだお米をしっかり水に浸す。

2.強火の時に蓋を開けておくこと。

3.そして、沸騰した水がお米の上に薄っすら残る(ほとんどお米が見えている状態)になったら、蓋をして弱火。蓋をするのが早いとべちゃべちゃのごはんになります。

4.炊き上がったら、最後にしゃもじでかき混ぜる。

 

簡単なので、チャレンジしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。
CATEGORY :

おすすめ記事



こちらの記事も人気