ドームテント 撤収手順のコツ

テント・タープの撤収は、基本的に設営の反対の手順でやれば大丈夫です。

天気が良い時は、テント・タープが完全に乾いてから片づけてください。濡れた状態でケースに入れて保管すると、カビが生えたり生臭くなり、次回使う時に残念な気持ちになります。しっかり管理すれば、テント・タープも喜びますし、長持ちするでしょう。

ドームテントの撤収

1.張り綱を外し、ペグを抜く。

2.フライシートの四隅のフック、内側についているベルクロ(マジックテープ)を外し、フライシートを外す。

3.通常フライシートは左右対称なので対称部分をそろえて地面に置く。ポイントは四角のフックをそろえること。

4.フライシートを四角形になるように意識して、左右から折りこんでいく。

5.ポールの収納袋(テント収納のカバンでも可)を用意して、袋と同じ幅になるように意識して、さらに折り込む。

6.袋と同じくらいの幅になったら、今度は縦に折り込む。

7.ここまで出来たら、次はインナーテントの撤収。メインポールやフロントポールについてフックを外し、エンドピンからポールを抜く。この時、2人で同じ方向から抜いたほうがよい。ポールを完全に外したら、ポール用の収納袋に入れる。

8.ポールを片づけたら、次はインナーテントを畳む。インナーテントの出入口メッシュの下方一部を50cmほど開けておく。畳んだ時に空気が逃げる隙間を作っておく。フライシート同様、四角形を作りポールの袋の幅に合わせて折り込んでいく。

(写真を撮り忘れたので、次回用意しときます。。。)

9.畳んだインナーテントの上に、最初に畳んだフライシートを重ね、ポールの収納袋を軸に全部まとめて丸めていく。

10.グランドシートがある場合は、一緒に収納袋に入れておくとGOODですね。

収納時の最大のポイント

ポイントは、完全に乾かすこと。

もし、雨が降っていて乾かすことが出来ない時などは、大きな袋(布団圧縮袋など)にごそっと入れて持ち帰ります。そして、晴れた日に干して完全に乾かしてから直してください。家のベランダ干したり、スペースがない場合は、晴れた日に近くの広場などに乾かすためにテントを建てて、乾かす方法もあります。

インナーテントの底部まで、しっかり乾かしましょう。

The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。

スポンサーリンク

(最終更新:2017年6月25日)コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


こちらの記事も人気

広告