【自家製】乾燥えのきだけを作る♪

 

干しえのきは、そのままのえのきよりも、ビタミンDが2倍、うまみ成分の「グアニル酸」が13倍にも増えており、

味わいもアップしているといわれています。

えのきだけがダイエットに良いとされる理由は3つあります。

①脂肪を包み込んで排出してくれる!便秘予防も!(キノコキトサン)
②内臓脂肪を減少させる成分を持っている!(エノキタケリノール酸)
③脂肪をコーティングして体内への吸収を防いでくれる!(キノコキトサン)

(出典元:きのこのじかん

ためしてガッテンでも取り上げられた、えのきだけ

完全保存版!
きのこの底力を最大限引き出すための“きのこ黄金の4鉄則”を大公開していました!➡ためしてガッテンHPへ

氷エノキは作ったことないので作ってみたいな~と思っています♪

乾燥えのきだけを作ってみよう✩

【作り方】

作り方は簡単!

1、えのきだけは石づきの少し上の部分をカットします。

2、我が家ではさらに半分にカットして干します。

 

しっかり乾燥する場合には、2~3日間干します。 セミドライの場合には2~4時間程度、日光に当てて干します。

 

上の写真2枚は半日干した写真。

しっかりと乾燥(フルドライ)にするにはまだまだ・・・

あと2日間干します♪

また完成したら『続・乾燥えのきだけ』でブログ更新したいと思います(*^▽^*)

 

干しえのき茸からでる出汁は非常に上品なんですよ~

水で戻せば、シジミなどの貝のすまし汁の様な上品な出汁が出ます。

5年ほど前、近所のスーパーに行った時、えのきだけを使った料理を試食販売していました。

その時に『乾燥えのきだけ』を教えてもらいました。

えのきだけは、安いし乾燥させると保存も可能!便利な食材です(*^_^*)

 

乾燥えのきだけ完成の記事はこちら↓

 

にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ

The following two tabs change content below.
koto

koto

おいしいもの、からだに良いこと大好き。あせらず急がずゆっくりと、自然に身を任せながら日々の暮らしを楽しんでいます。
(最終更新:2017年6月25日)コメント0
TAG :

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


おすすめ記事



こちらの記事も人気