タープの設営手順【動画付】

タープも様々な種類がありますが、今回はスクリーンタープとヘキサタープの設営方法を紹介します。テント同様、それぞれのタープによって、設営方法が異なりますので説明書をよく読んでから設営してください。

①スクリーンタープ

2000012869 コールマンHPより

How to動画「トンネルコネクトスクリーンタープⅡの組み立て方」

[iframe id=”https://www.youtube.com/embed/CEnD9kHK68I” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no”]

  1. タープを広げます。このときファスナーは全部閉めて、立ち上がりの部分は中に折り込んでおきます。
  2. ルーフポールをメインスリーブに通します。二つのルーフポールは頂上でクロスします。サイドポールがある場合は、サイドポールもスリーブに通します。
  3. ルーフポールをジョイントパーツに差し込みます。ジョイントパーツには、差し込む箇所が2か所以上あります。通常ルーフポールとコーナーポールは太さが違い、ジョイントパーツの差し込み口の大きさも違います。注意して、差し込んでください。これで、天井部分は完成です。
  4. 次に、4か所のジョイントパーツにコーナーポールを差し込みます。地面に着く方は、エンドピンに差し込みます。一つのリングにエンドピンが2つ付いているものもあります。二つ付いている場合は、ほかにポール(アーチポール)を差し込みますので、どちらに差し込むか、しっかり確認してから差し込んでください。本体についているフックをコーナーポールに掛け、固定します。
  5. アーチポールをスリーブに差し込みます。スリーブを通す時は、くれぐれもポールを押し出して入れてください。ポールの端を残りのエンドピンに差し込みます。フックをアーチポールに掛け、固定します。
  6. ここまでやると、タープは自立します。次にペグでタープを固定するのですが、テントと連結する場合はタープを設営位置に移動してから、4か所コーナーにペグを打ち、固定します。
  7. アーチポールのある張り出し部分は、張り綱で引っ張って固定するものもあります。
  8. ストームガードに張り綱を引っ張りペグで固定して、完成です。

②ヘキサタープの設営

170T15750J コールマンHPより

[iframe id=”https://www.youtube.com/embed/vwZJTR4qY-U” align=”center” mode=”lazyload” autoplay=”no”]

  1. メインポールをつなぎます。
  2. タープを広げます。
  3. メインポール、ダブルロープをタープエンドのグロメットにセットします。
  4. ダブルロープをメーンポールと同じくらいの長さに伸ばし、ポールから各45度の位置に置き、ロープをペグで固定します。
  5. メインポール垂直に立つようにロープの長さを調整します。
  6. 垂直に立ったら、ポールの足を少し内に入れ込むとタープが安定します。この時、一方のポールから反対のポールを見た時に垂直かつ同一線上になるようにしてください。
  7. シングルロープをタープの角に括り付け、タープ中心から直線になるように引っ張り、ペグで固定します。シングルロープは必ず、対角の順に固定してください。歪んで綺麗にタープを張ることが出来ません。
  8. 最後にダブルロープ、シングルロープの自在を調整してタープにしわが出来ないようにピンと張れば完成です。
  9. 広く空間を使う場合は、サブポールを利用してみてください。
The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。

スポンサーリンク

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA