タープの種類

スクリーンタープ

テントに似ていますが、アンダーシートがありません。サイドがメッシュになっており、虫が苦手という方には良いでしょう。テントと連結できるタイプもあります。夏はメッシュにして通気をよくすると涼しく、冬はクローズにして暖かくすごすことができます。また、夜や雨の日、椅子や道具などをタープの中に入れておくと雨や露に濡れません。また、フルクローズすることでプライベート空間を作り出すことが出来ます。

 

5811ca4ad08f4e999762594a6b408053スノーピークHPより2102_1 ロゴスHPより

 


 

ヘキサタープ

ポール2本と張り綱で構成されており、日差しを遮りながら解放感がばっちり。横雨が入ったりするが横の幕体を下げることで防げる。サブポールを使うことで、いろいろな形になるのでカッコいい。スクリーンタープに比べるとポールの本数も少ないのでコンパクトに収納できる。設営も簡単。慣れると一人でも設営できます。

A104_Z1MSR HPより revo_m_99ユニフレームHPより

 


カーサイドタープ

車の横に取り付けるタイプで、設営・撤収が簡単。オートキャンプなどで活躍します。

10262352_526bd71baa1b6 小川キャンパルHPより

 


 

屋根型タープ

自立式の簡易型タープ。張り綱なしでも使えるので、レジャーやスポーツ観戦、運動会などにも使える。サイドにメッシュをつけることが出来るタイプもある。

19313 キャプテンスタッグHPより

 

The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。

スポンサーリンク

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


こちらの記事も人気

広告