【タープまとめ】6万円以上で買える、ヘキサタープ・スクエアタープ

こんにちは♪

今回は、6万円(税込み)以上で買える、ヘキサタープ・スクエアタープを比較します。

【タープおすすめ】6万円以上で買える、ヘキサ・スクエアタープの選び方

スノーピーク(snow peak) ランドステーションL

 

アウトドア用品を扱う日本のメーカー。

商品も品質が良く、値段も比較的高め。

ベテランキャンパーの愛好家も多い。

●設営サイズ:885×510×210(h)㎝

● キャリーバッグサイズ:76×28×33(h)cm

ポールは付属しておりません。

【ポイント】他にない折り紙のように変幻自在で面白いタープです。6-8人くらいまでゆったり過ごせます。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ユーティリティタープ・33

日本の老舗メーカー。

物もしっかりしており、ベテランキャンパーにファンが多い。

●サイズ:575×575cm

●バッキング/96×25×30cm

サイトや天候に対応できる豊富なセッティングバリエーションが可能です。

【ポイント】最大のスペースを誇るレクタングラータープ。センタートップ部はポールキャップ式、ポールは直径25mmのスチールを使用し、より一層強度を高めています。

 

シックス・ムーン・デザインズ(Six Moon Designs) ヘイブンタープ CF

アメリカの小さなアウトドアメーカー

●設営サイズ:218×290㎝

●収納サイズ:30×11㎝

Deschutes CFは超軽量素材、キューベンファイバーを使用しわずか283gのウルトラライトシェルターです。

 

【ポイント】セレニティーネットテントと組合わせることで十分な広さを保ったダブルウォールのソロテントになります。

 

スノーピーク(snow peak) ランドステーションPro.M

 

アウトドア用品を扱う日本のメーカー。

商品も品質が良く、値段も比較的高め。

ベテランキャンパーの愛好家も多い。

●設営サイズ:740×460×210(h)㎝

●キャリーバッグサイズ:W76×D28×H33cm

ポールは付属しておりません。

【ポイント】4-6人用の新しいスタイルのタープです。サイドウォールを持つアレンジ自由な次世代タープとして強い支持を集めるランドステーション。

 

スノーピーク(snow peak) ランドステーションLセット

商品も品質が良く、値段も比較的高め。

ベテランキャンパーの愛好家も多い。

●設営サイズ:885×510×210(h)㎝

● キャリーバッグサイズ:76×28×33(h)cm

ポール・ペグもセットです。

【ポイント】ランドステーションLにペグ・ポールも付属したセット。次世代タープで自由自在にレイアウトできます。


ナチュラムさんの価格を参考にしております。みなさんのスクリーンタープ・シェルター選びの参考になればうれしいです。

また、値段・記載内容に関しては誤りがあるかもしれませんので、ご自身で十分確認お願いします。よいどんとしては、責任追いかねますのでご了承ください。

 

The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。
(最終更新:2017年6月25日)コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


おすすめ記事



こちらの記事も人気