おおすみくん家(新庄の家)で ゴムボート体験出来ちゃう!(3日目)

大隅青少年自然の家 3日目です。

朝方までは、小雨が降っていましたが8時くらいには止みました。

カンカン照りでテントが乾いたら最高でしたが、森の木陰にテントを建てていたので乾くはずもなく、濡れたまま大きなビニール袋(布団圧縮袋)に放り込みます。

朝食を食べて、子供たちにも撤収を手伝ってもらって 急いで片づけました。

この後、一番楽しみにしていたゴムボートが待っていました。

 

キャンプ場から4Kmくらい離れた海岸沿いに臨海研修ができる【海の家 新庄】に移動して、説明を受けました。

定員は大人8人。ゴムボートには、少なくとも大人4~6人は乗って漕いだ方がよいそうです。重量がそれなりにないとボートが沈まず、ゴムボートが風の影響を受けてなかなか進まないらしいです。

料金は、一人250円。我が家は5人だったので600円でゴムボート体験できました。

また、他にも2,3人乗りのカヌーや8~10人乗りのいかだにも乗れるようです。

ここで、通常は陸に監視者が大人1人、モーター付きの救助艇での監視者が大人1人が必要です。しかし、今回は大人の人数が少なかったので、スタッフの方にやってもらいました。

(青少年自然の家HPより)

 

濡れても良い長袖・長ズボンを用意してくださいと言われていたのでてっきり、ボートで水がはねたり 万が一水に落ちた時のためかと思ってました。

しかし、違った!

救命ジャケットをつけて、服のまま海に入って救命ジャケットがあれば水に浮くこと、安全であることを身をもって確認するんです。

だから、必ず濡れるのです。

濡れてよい服装とは、海に入るから濡れる格好をしてきてくださいって事でした。水着もあった方がよかった。。。トホホ

ゴムボート初体験

ゴムボートの漕ぎ方を習い、いざ砂浜へ。

子供たちも含めて一緒にボートをもって移動し、ゴムボートに乗り込みました。

沖合50mくらい?の三角コーンのような目標物目指してオールを漕ぎます。

子供たちも、大きな声をだして

『いち、に、 いち、に、 いち、に、、、、』

しかし、なかなか進みません。

大人が5,6人乗って、ボムボートがしっかり沈まないと風にボートが煽られて、進まないそうなんです。みんな必死に漕いで やっとたどり着きました。

帰りはUターンして岸に戻ります。

足は水につかりながら 海を感じ、風を感じ、自然を感じながら初めてのゴムボート体験を楽しみました。

子供たちも、大喜び。

良い経験が出来ました。

その後、海辺の生き物を見たり 海に浸かってみたり それぞれが楽しく過ごしました。

やどかりも、沢山いましたよ。

本当に充実したゴールデンウィークになりました(#^.^#)

 

おおすみくん家で クライミングして イエーィ!!(1日目)

おおすみくん家で 雨でもハッスル ハッスル(2日目)

The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。

スポンサーリンク

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA