【DIY火おこし器】自作炭おこし器を使ってみたら、十分使えました。

 

先日 まだ桜の咲かない公園で友達家族とバーベキューをしました。

昼間っから、ずんばい飲みました(^▽^)/

酔っぱらったおじさんも合流して楽しかった。

 

炭おこしに活躍するのが、自作火おこし器。

大活躍でした。

自作しなくても買ってもOK。

 

 

使える!自作火おこし器

底に良く燃えるものを入れます。

着火剤などでもOK。

この火種がしっかり付かないと 炭に火は移りません。

火をつけて、炭を出来るだけ並べて入れます。

空気の流れが 下から上に流れるので この通り道を完全に塞いでしまうと

炭に火が移らないので注意です。

あとは、15分程度待つだけ。

うちわであおぐ必要は 全くありません。

火おこし器があれば、バーベキューの炭おこしもバッチリですね。

完全に火がついたら、耐熱手袋とトングで炭をひっくり返します。

使い終わった火おこし器は 熱いので冷めてから直しましょう。

The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。

スポンサーリンク