【DIYパレット】やぎの楽園を作ろう!素敵なパレットフェンス(牧柵)の作り方

おやっとさまです。つくしです。

やぎのつくしは、今日も元気です。元気すぎて我が家の敷地から脱走して道路に出たり、家庭菜園の野菜を食べたりしちゃいます。

そこで、ヤギの赤ちゃんも生まれることだし、自由に走り回れる「ヤギの楽園」やぎランドを作ることにしました。

ダイジェスト版はこちら

【ヤギランド】パレット牧柵完成!ヤギの赤ちゃんいつ生まれても安心です
パレットで作る牧柵が先日やっと完成しました♪ 作成中はちょうど子どもたちは休校中だったので、体育&技術の代わりに牧柵作り! 一緒に家族総出で頑張りました。 牧柵の設計、実際作ったのは夫。 ...

作るにあたって、素材は何にするか。お金をかけずに作りたい。ここは、よいどんの腕の見せ所。

ネットで「やぎ フェンス」で検索すると、立派にものが出てきましたが、我が家に自生している唐竹を使って作ってみました。

【やぎフェンス】竹で作る 牧柵作り

長い竹を切り出してきて、支柱も竹で作ります。

竹だけでは、固定できないので、杉の端材を使ってビス留め。

そして、上下は針金を使ったりしました。

結構立派な牧柵が出来ました。

が、強度が足りない。そして、耐久性に問題が。

竹の生垣も作ったことがありますが、竹を刈り取る時期にもよりますが、1年で色あせてきます。そして、雨で劣化します。職人が作ると最高の状態で維持できるのかもしれませんが、それでも10年。

ましては、元気なやぎが突進してきたら、ぐらつきどんどん弱って崩壊する可能性がある。

だから、残念ですが竹でフェンス(牧柵)を作るのは諦めました。

結構おしゃれにできたつもりですが。。。

【DIYフェンス】やぎの楽園、パレットで作るウッドフェンス(牧柵)

やはり、やぎの力強さにも耐える、10年20年使える耐久性のあるフェンスを作らなければならない。と、考えたのが、ウッドフェンス。

普通に木でできた牧柵は、丈夫でかっこいい。

こんな感じで牧場などで使われているウッドフェンス。

今回は、コスト削減。タダでゲットできるパレットを使って牧柵を作ります。

【フェンス手作り】羊、ヤギ、馬にも最適、パレットで作る牧柵の作り方

ヤギフェンスの作り方は、簡単です。パレットの一番下を外して、地面に挿す。それだけです。

パレット同士は、コースレッド(ビス)で留めるだけで柵は出来上がります。

しかし、結構体力・労力が必要です。では、その解説をしていきます。

【フェンス牧柵】材料を集める

今回作った牧柵は、約12ⅿ×14ⅿ四方のエリアです。大きさに合わせて、パレットをもらってくる必要があります。

●パレット(必要分)・・・250㎝×135㎝ 、200㎝×100㎝ 24枚程度

●コンクリートブロック・・・幅15㎝×12個、幅12㎝×24個

●セメント : 砂  : 砂利 = 1:3:3

●木材防腐剤

材料はその都度足していってください。砂利は我が家にあるものを使いました。セメントも結局3袋くらい使いました。

ブロックは、パレット同士が隣り合うところには15㎝、パレット中央の柱には12㎝を使います。

考えるのが面倒なら、すべて15㎝サイズでもOKです。

今回、近所の工芸社さんにお願いして、大型のパレットをゲットできました。感謝感謝です。

大型のパレットが入手できない場合は、1m四方のパレットはホームセンターに相談してもらってきましょう。

パレットを分解し、柱を作る

今回使用したパレットは、大型。250㎝×135㎝なので、一番端の板を外すと すでに柱足が出来てしまうのです。

パレットに2本の角材を写真のように、柱両脇に差し込みます。

そして、私の足で踏み込むと重さで

バキンと釘が抜けます。

すべての柱を外すと、こんな感じ。端と真ん中の柱だけ残し、2本の足はカットします。

外した板は、ちゃんと釘を抜いておきます。釘が刺さったままだと危ないのと、板を外す過程で壊れたりした場合、必要になります。

そして、土に埋まる足部分には、しっかり防腐剤を塗布します。

本当は、このクレオトップにしたかったのですが、近所のホームセンターには売ってなく、タフソートという防腐剤を使用しました。

タフソートは黒褐色です。意外といい色でした。

こんなイメージです。

フェンス基礎を埋め込む

フェンスの柱を埋め込むために、一度パレットを仮置きします。そして、フェンス柱になるところをブロックが埋まるくらい(約25㎝)掘り下げ、砂利を敷き詰めます。

砂利を入れたら、しっかりと突き固めてください。

上写真は、パレット中央の柱です。12㎝幅のブロックを使用します。

ブロックが、1列きれいに並ぶように 水糸(紐でも可)などを使って直線を引っ張っておくといいです。

セメントを練る

セメント:砂:砂利=1:3:3の割合で混ぜます。

 

今回、コンクリートミキサーをお借りしました。

楽です。すごく楽です。そして、きれいなコンクリートが出来ます。

手で混ぜると腰が痛くて痛くて。

 

フェンス基礎にセメントで固定する、ビスでパレット同士をつなぎ合わせる

パレット同士隣り合わせの箇所は15㎝幅の同じブロックに差し込み、穴にセメントを押し流し固定します。この時、垂直になるように突き固めます。

ブロックの周りにもセメントを入れます。

パレット隣同士は、コースレッドで留めていきます。

 

道路に面した部分は、石垣がセメントで固めてあり、掘ることが出来なかったので、足を埋め込まず、ブロックに乗せるだけにしました。

ここは200㎝×100㎝のパレットを使用しています。

直角なる部分はブロック穴を2個使用します。パレットとパレットの間に隙間が出来るので、使わなかった角材を入れます。

掘り起こした土を柱周りのブロックに埋め戻したら、完成です。

丁番を使って 扉を作る

パレットをそのまま使って扉にすると、厚さが10㎝くらいあるので、開閉しにくいです。

そこで、薄型の扉をパレット風に作りました。

丁番は下穴を錐で開けてから、コースレッドで留めます。

丁番をつけて、開閉できるようにしています。丁番の取り付け方、間違っています(笑)

丁番が表から見えないように、扉を開けた状態で つけた方が良いと思います。

後日 付けなおしました。

両開きにしました。大きなものを搬入するときは、両方開きますが、やぎ・人間が通行するときは、片側左だけです。

牧場みたいな立派な丸抜き閂(かんぬき)を取り付けました。

取り付けるのに非常に苦労しました。

金具が4つあります。取り付ける位置をよーく見てくださいね。

勝手にやると大変なことになりますよ。

受け側(動かさない方)に3つ。扉側に1つです。

金具を取り付けるところには、木片を入れて、しっかり留まるように工夫しました。

通常開けない、子扉は固定します。

お余った角材を足の部分に付け、斜めに穴を開けます。

そして、ペグで固定すると動かなくなります。

【牧柵DIY】やぎの楽園、パレットフェンス完成!

 

The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。
タイトルとURLをコピーしました