スポンサーリンク

【超簡単】誰でも出来ちゃう、合皮生地ボロボロの椅子を簡単リメイク

おやっと様ですー、よいどんです。

今回は、チョー簡単、椅子のリメイクを紹介します。

【超簡単】合皮ボロボロの椅子をリメイクしました。

ダイニングテーブルの椅子がボロボロになっちゃいました。

合皮にヒビが入り、ついついむしってしまって表面をはがしてしまっちゃいました(笑)

椅子の張り替えをしたいと思っていたのですが、伸ばし伸ばしになっていて。

リメイクに必要な道具

1.ドライバー

2.はさみ

3.ハンマー(金槌)

4.ハンドタッカー(ホッチキスに似ているが、威力が強力で壁などにも刺さる)

椅子のリメイク やり方

椅子の合皮張り替えする場合、

古い合皮をはがし、クッション(スポンジ)を新調してから新しい合皮を張っていきます。

今回は、なんちゃって合皮張り替えなので、今のボロボロ合皮を隠しちゃう方法です。

元の椅子の状態を維持したまま、布をかぶせるので、失敗したら剥がせば元の椅子に戻ります。

気分転換にお気に入りの布で、簡単リメイクしましょう。

①布を用意する

椅子の座面に使用したい布(古着などでも可)を用意する。

今回は、もう使わなくなったシャツを再利用します。

簡単リメイクでは、合皮生地より 古着もしくは布の方がおすすめです。

②椅子から座面を外す

椅子をひっくり返します。すると、座面を固定しているビスがあるのでそのビスを外します。我が家の椅子の場合、6本のビスで留まっていました。

ドライバーを穴に差し込み、ねじ山に合わせてねじを抜き取ります。ねじを外すときは、反時計周りです。

ねじを外すと座面だけになります。

③座面に布をかぶせる

今回使用したのは、シャツです。ちょうど座面の横幅がシャツの肩幅にピッタリでした。座面にシャツを着せた状態になりました(笑)

布を引っ張りながら、ハンドタッカーで「ダン、ダン、、、」と打ち込んでいきます。思ったより大きな音で打ち付けるので、ハンドタッカーを初めて使う人はびっくりするかもしれません。

ハンドタッカーで打ち付けると芯が下地の木材に刺さります。

しかし、打ち込みが弱く、写真のように刺さっただけの状態になることもあります。そこでハンマーの登場です。

ハンマーでたたいてしっかり食い込ませます。

こうすることで布生地を『点』で抑えるのではなく、『線』で抑えるので生地をしっかり張ることが出来ます。

座面の角などは、布生地が重なりますが 気にせずに重ねたまま ガンガン 打ち込んでください。

出来るだけたるみがないように引っ張りながら打ち込みましょう。

四辺すべてをハンドタッカーで留めました。

④不要な部分をはさみで切り取る

すべて留めたら、布生地の不要な部分をハサミで切り取ります。

この時、タッカーの芯ぎりぎりを切らないようにしてください。ぎりぎりだと生地が引っ張られると抑え芯から抜けてしまうからです。どうせ普段見ない座面の下なので、ざっくり残しましょう。

こんな感じで切り取りました。

⑤椅子に座面を取り付ける

座面を椅子に取り付けていきます。つける場合は、時計回りです。

合皮ボロボロの椅子 簡単リメイク 完成!

はい、簡単リメイク完成です。失敗しても、元の椅子をいじっていないので、タッカーの芯を外せば大丈夫。季節によって気分転換してもいいかもしれません。

横から見るとこんな感じです。タッカーを打つ時にしっかり布生地を引っ張れば、きれいに仕上がります。

違う柄のシャツも使いました。夏場は合皮の椅子は汗ばむと気持ち悪いですが、このシャツ生地はさらっとして気持ちがいいです。

ちゃんと張り替える前に練習と思ってやってみるといいかもしれませんね。

次は合皮でチャレンジしてみたいです。

 

The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。