【話題の女子キャンプ】これさえあれば明日からキャンプへ行けちゃう!最低限揃えたいもの&注意すること

24584832762_530c988eae_z

いよいよキャンプシーズン♡

大自然の中で、みんなでわいわい楽しんだりと日常を忘れて自然を満喫できますよね。

2016年4月12日放送の「マツコの知らない世界」で、

7年間で通算1000泊以上もしているベテランキャンパーさん(1年で140日以上。3日に1回のペースでキャンプしてることになりますね。)である こいしゆうかさんが出演されましたね。

趣味のアウトドアを生かして、キャンプコーディネーターをされており、女性視点でのキャンプスタイルである、

女子キャンプ】を提唱しています。

ゆるい線の動物のイラストや、ちょっとシュールな漫画が得意なイラストレーターでもあるようです。

これからキャンプを始めたい人必見のイラストエッセイ!

女性にはこの赤色が人気なようです♡

女性だけで準備・設営・撤収など全てを自分ひとりでやらなければいけません。

我が家でしようしているテントもどうしても力が必要な部分があり男性の力が必要なこともあります。

でもこちらのテントは女性用に作られているのでその基準は楽々クリアしているおすすめのテントです☆

ご本人が設営されている動画です

これなら私一人でも簡単に設営できそうですね♪

他にもおすすめのテントがこちら

ロゴス テント チェッカーTepee マジックキャノピー 220

キャンプ用テーブル

テントの次に必要なのがテーブル。

コンパクトなものや大きめのテーブルと多種多様。

ソト(SOTO) ミニポップアップテーブル フィールドホッパー ST-630

寝袋はアウトドアライフを楽しむ上でとても大切な物の一つです。選び方を間違えると、「夜、寒くて全く寝れなかった」「寝心地が悪くて身体が痛かった」などといったことが良くあります。

寝袋選びは、寝袋を使用する場所(気温)と目的(持ち運び等)をはっきりと把握することから始まります。特に、寝袋を使用する場所の気温は大切です。

寝袋(シュラフとも言います。)にはまず2つの種類があります。

マミー型と呼ばれるも(軽量コンパクトに収納出来る)

筒型になっており、軽量かつコンパクトに収納できるタイプ。

トレッキングや山登りなど寝袋を持ち運ぶのにとても便利なタイプです。

(以下出典元:寝袋・シュラフのプロが教える『失敗しない選び方・使い方』より)

○マミー型のメリット

•コンパクトに収納できる
•重さが軽い
•寒冷地に向いている(体との密着度が強いため)

× マミー型のデメリット

•寝ているときの圧迫感が少しある

 

☆こんな人にはマミー型がおすすめです。

•登山やバイクや自転車など、積載量が限られている。
•3シーズンをキャンプする。
•冬もキャンプする。
•登山や縦走など、リュックに入れて持ち運ぶことが多い。
•荷物を軽くしたい。
•荷物を小さくしたい。

モンベル(mont-bell) 寝袋 バロウバッグ

The following two tabs change content below.
koto

koto

おいしいもの、からだに良いこと大好き。あせらず急がずゆっくりと、自然に身を任せながら日々の暮らしを楽しんでいます。

スポンサーリンク