スポンサーリンク

【観光】日置市東市来にあるかごしま最古の稲荷神社へ

かごしま最古の稲荷神社に行ってきました。

鹿児島で最初にできたといわれる、由緒ある神社

島津忠久公の母である丹後の局が暴風雨の中産気づかれた際、摂州住吉稲荷神社の神の使いであるキツネが、灯りをともして出産を助けた。その御神霊の加護により誕生された霊験を偲び、島津忠久公が薩摩守護職に任用された折、創建されたと伝えられる。

一説には承久三年(1221年)と言われ、鹿児島では最古の稲荷神社とされる。

(引用元:稲荷神社

稲荷神社の鳥居の脇には、仁王様が二体、にらみを利かせてお出迎えしてくれます。

午前10時頃、参拝したときは、お日様が良い感じに照らされて、とっても素敵でした。

空気が違いとても気持ちの良い神社でした。

所在地

鹿児島県日置市東市来町湯田4008-い
電話 099-274-5650
国道3号線沿いのタイヨー東市来店より東へ300m

HP:https://inari-shrine.jimdo.com/

Instagram:https://www.instagram.com/kokeke_irari.shrine/

駐車場にはきれいなアジサイがたくさん咲いていましたよ。

The following two tabs change content below.
koto

koto

おいしいもの、からだに良いこと大好き。あせらず急がずゆっくりと、自然に身を任せながら日々の暮らしを楽しんでいます。