【楽ちん】BBQ・焚火の後の片付けが、超簡単になる工夫。

 

こんにちは。

2年くらい前から、焚火にはまっている よいどんです。

火を見ていると、じーっと見入ってしまうから不思議ですよね。

むかーしむかしから人類が火を利用してきたからですかね?

我が家は、ユニフレームの【ファイヤーグリル】を使っています。

普通に使えばよいのですが、使った後の片付けが圧倒的に楽になる方法があるのです。

それは、アルミホイルを使うのです!

 (ロゴスHPより)

 

厚さ 0.035mm

我が家は、普通のアルミホイルを使っています。厚手のアルミホイルを使ったことがないのでその本当の良さが分かっておりませんが、いつものアルミホイルでも出来ます。

普通のアルミホイルの厚さは 0.011mmです。

キャプテンスタッグのアルミホイルと比べると 6分の1ですね。

それでもやれないことはないです。十分とは言いませんが、アルミホイルなしより圧倒的に掃除が楽になります。

慎重にセットしないと、ちょっとしたことで破れます(笑)

最初は、心配で2重に敷きました。でも薪やトングなどで破れます。

それでも良いのです。アルミホイルなしに比べると本当に簡単に片づけられます。

特に、BBQをして肉の油などが落ちるとベトベトになるから ぜひ活用してみてください。

まあ、我が家の場合は、ファイヤーグリルの時だけ利用しております。

他のBBQグリルの掃除を簡単にしたい場合は、ロゴスやキャプテンスタッグの極厚アルミホイルを利用してくださいね。たぶん、凹凸に引っかかって破けるでしょうから。

手順

①アルミホイルを端から順に敷いていきます。見た目より長ーくアルミホイルを切ってください。

 

②スタンドの部分にもアルミホイルをします。(4本全部してください)

では、焚火・BBQを楽しんでください。

終わったら、完全に炭に火が残っていないことを確認して片づけます。

 

③端から灰をこぼさないように丸めて、

④はい、燃えるゴミに ポイっ

 

連泊とかして、2回目グリル・焚火をするときは新しいものにぜひ変えてください。普通のアルミホイルならどんどん使えるでしょう(笑)

 

ぜひ試してみてくださいね。よいどんでした。

The following two tabs change content below.
よいどん

よいどん

『子どもがわくわくするより、さらに自分がわくわくできる』をモットーに、キャンプやDIYを楽しんでいます。そんな父親の後ろ姿をみて、子どもにワクワクが伝わって、さらにわくわくな毎日を作りたい!そんな気持ちで子どもたちと楽しんでいます。

スポンサーリンク

(最終更新:2017年6月25日)コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


こちらの記事も人気

広告