【まとめ】女性の味方になるフルーツ!プラム(すもも)効果効能

lLusAl4gcB1bCgP1435650138_1435650148

そのまま皮をむいて食べても美味しいプラム!(^^)!

私も子供たちもみ~んな大好きな果物です。

プラムジャム、プラム酢、プラムシロップ、プラムのコンポートなどなど。

たくさんの食べ方がありますよね(*^▽^*)

プラムとは

プラムやプルーンはバラ科スモモ亜属と呼ばれるPrunus属の亜属に属しており、

スモモや梅、杏などもスモモ亜属の仲間。

漢字では「李」とも書かれる。英語では『Asian plum』『Japanese plum』などと呼ばれるそうですね。

すももは大きく分けて、

中国原産の「日本すもも(プラム)」と、ヨーロッパコーカサス原産の「西洋すもも(プルーン)」の2つに分類される。

 

花期は初春で白い花が咲きます。

果実の食べ頃は6月下旬から8月中旬。

すももの旬は『夏』ですね!(^^)!

日本での主な産地は主な産地として南アルプス市(山梨県)などが挙げられるそうです。

スモモの果実はモモに比べて酸味が強いのが特徴。

ちなみにプラムを乾燥させたものがプルーン。

 

プラム(すもも)の選び方

果皮に色むらや傷がなく、張りと弾力があるものがよいといわれています。また形はきれいな円形で、持ったときに重さがあるほうがベター。

果皮に白い粉(ブルーム)が付いているものは新鮮です。また、すももは食べ頃になるとよい香りがするので見分ける際のポイントにしましょう。

(出典元:果物ナビ

栄養と効能

【期待される効能】

貧血予防、高血圧予防、眼精疲労回復、便秘改善

すももには葉酸が比較的多いので、貧血に悩む人や妊娠した女性におすすめです。

ナトリウムを排出するカリウムも含まれていて高血圧予防にも期待できます。

また、すももには毛細血管を強化したり、眼精疲労を回復するといわれているフラボノイド「アントシアニン」が多く含まれています。さらに糖アルコールの一種である「ソルビトール」は便秘改善に作用するといわれています。

(出典元:果物ナビ

 

ソルビトールという糖質には整腸作用、そして鉄分には貧血予防。

便秘や貧血に悩む女性はきっと多いはず

私も鉄分が足りないので、特に夏場は辛い・・・

ちょっとしたことでも息切れするんですよね~(>_<)

薬やサプリではなくこういう食べ物で体を改善していけたらなと思います。

本当に栄養バランスの良いフルーツ♪

もう、スーパーなどでは見かけなくなったので、来年はプラムでジャムを作りたいなと思っています。

出来ればプルーンも。

プラムを使ったレシピ

にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ

 

The following two tabs change content below.
koto

koto

おいしいもの、からだに良いこと大好き。あせらず急がずゆっくりと、自然に身を任せながら日々の暮らしを楽しんでいます。

スポンサーリンク

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA